麻布十番ハート動物病院は心を込めてお世話させていただきます。

使用機材のご案内

当院では最新かつ信頼性の高い機材だけを使用しております。
よい機材を使うことで、
ストレスのない施術が行えます。


全自動血球計数器(セルタンク)

全自動血球計数器(セルタンク)血液の血球成分を測定することにより、貧血・炎症の有無などを調べます。


生化学自動分析装置(富士ドライケム)

生化学自動分析装置(富士ドライケム)肝・腎・膵臓の状態やタンパク、電解質、脂質、ミネラルなどの量を測定します。


顕微鏡

顕微鏡尿や便や皮膚の検査や、細胞を検査することにより腫瘤の診断に役立ちます。


デジタルX線画像診断システム(FCR)

デジタルX線画像診断システム(FCR) 撮影したレントゲン画像をデジタル処理することによりPCのモニターで確認することができます。
拡大やコントラストの調整の他、計測や以前のものとの比較も容易に行えます。


超音波診断装置(SONIMAGE513)

非侵襲的に臓器内の状態や腫瘤の有無を確認できます。
また、高性能な装置なため心臓の収縮力や血液の流速・逆流量などもより正確に測定でき、
心臓の状態を把握するのに役立ちます。


心電図

心臓の状態の把握や不整脈の診断に用います。


半導体レーザー

半導体レーザー 出血が少なく安全な手術が行えます。
傷の治りが早く痛みの少ない手術が行えます。
無麻酔でも痛みの少ないイボ取りが行えます。
関節痛などの疼痛緩和温熱療法により痛みを和らげます。
体への侵襲が少ない為多くの手術で日帰りや短期間での退院が可能になります。


ガス麻酔

ガス麻酔 手術はガス麻酔を使用し動物に安全で安心の全身麻酔で行っています。


人工呼吸器

人工呼吸器 手術は人工呼吸器を使用し動物に安全で安心の全身麻酔で行っています。


麻酔モニター

麻酔モニター 手術中の安全性を確保するため、心電図、心拍数、血圧、動脈血酸素飽和度、脈拍数、
体温吸気/呼気のCO2・O2・吸入麻酔薬濃度、呼吸数を監視します。



ページトップへ